ORIGINAL LOVEおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

ORIGINAL LOVEおすすめの曲ランキングTOP10

渋谷系と呼ばれていた時代を象徴するバンドだったので、自分にとって忘れられない季節のように光り輝いている楽曲が多く、通ったライブは今でも手に取るように思い出してしまえます。最高に光り輝いていた音楽であり、いまなお鮮明なサウンドです。都会の夜と夏の輝きが同居している音楽です。

 

 

第10位.ORIGINAL LOVE「SCANDAL」

SCANDAL (Brand New Heavies Remix)

ORIGINAL LOVE「SCANDAL」がおすすめの理由

日本では渋谷系と呼ばれる存在でしたが、明らかに世界の潮流ともシンクロしていたサウンドでした。ブランニューへビーズならではのカーニバルの雰囲気とマッチして、日本人離れした音楽性にも感じられたのを覚えています。これから日本の音楽は、ワンランク上のレベルに達するに違いないと確信させてくれた曲です。リミックスされたサウンドの、きらきらとしている存在感も見事なのですが、どことなく気怠そうで憂いに満ちているボーカルが、かえって熱気を感じさせます。汗だくになって夏の夜を遊び続けたくなる、そんな歌ですからヘッドホンで聴くと幻想的です。

 

 

第9位.ORIGINAL LOVE「流星都市」

Original Love 流星都市

ORIGINAL LOVE「流星都市」がおすすめの理由

首都高速を走りながら音楽を聴くのが好きなのですが、いったい誰が似合うだろうかと訊かれたらオリジナルラブだと答えることにしています。その象徴的な歌です。日本の空気感にピッタリとハマるサウンドが、嬉しくなります。洋楽に限らず日本人のアーティストが、ここまでクオリティの高さを見せつけてくれるのは、90年代の日本では稀有な存在でしたから、現代の日本の音楽が世界に通用するに至ったことと、当時の渋谷系サウンドがに書きを博していたことは無縁ではないよなと感じさせてくれます。渋谷系という言葉が死語になってしまった現代でも、いえ、むしろこれからの東京に、ふさわしい楽曲になっていく気がしています。

 

 

第8位.ORIGINAL LOVE「プライマル」

プライマル/オリジナル・ラブ

ORIGINAL LOVE「プライマル」がおすすめの理由

まるで洋楽のスタンダードナンバーのように、伝統的な和音を響かせている音楽です。テレビから流れてくるたびに、突如として空気が変わっていったのを覚えています。音楽の豊かさを教えてくれる一曲です。しっとりと歌い上げているのですが、どこかやれきれなさも感じることができます。優しく寄り添ってくれる音楽というよりも、心地よく突き放してくれている音楽のようです。べったりしすぎないのですが、それでも湿気を感じることが出来ます。湿気は潤いそのものであり、乾燥しきっている心を、しっかりと潤して癒してくれる効果が高いです。

 

 

第7位.ORIGINAL LOVE「DEEP FRENCH KISS」

ORIGINAL LOVE DEEP FRENCH KISS

ORIGINAL LOVE「DEEP FRENCH KISS」がおすすめの理由

日本語で官能的かつお洒落な音楽というと、真っ先に思い浮かべるのがこの歌です。ほどよく気怠さを維持しながらも疾走感を感じることができます。シングルバージョンでは穏やかな官能を感じられて、ベスト盤の新録音では疾走感あふれる熱帯夜の空気を感じられます。夏に限らず冬でも熱さを感じられる音楽です。濃厚な演奏が、ひしひしと躍動してきて、いまにも爆発しそうな勢いを感じられるのに、決して崩れることなく涼しい顔を続けていられるようなホーカーフェイスな感じも魅力です。録音も素晴らしいのですが、ライブでは凄みすら感じさせてくれるので、イントロが流れてきた瞬間の盛り上がりは半端じゃありません。

 

 

第6位.ORIGINAL LOVE「夜をぶっとばせ」

オリジナル・ラブ 夜をぶっとばせ

ORIGINAL LOVE「夜をぶっとばせ」がおすすめの理由

ピチカートファイブの要素が吸収されていて、東京の雰囲気と90年代の空気感を同時に含んでいる音楽です。バンドで演奏しても、ギター一本で引き語りされても、おしゃれの度合いが高いのには圧倒されます。フォークソング的な雰囲気が、まったく感じられないのが不思議で仕方ないのですが、渋谷系という言葉すら一般化する前の段階で奏でられていた疾走感あふれる音楽です。ヒットチャートを賑わせていたコード進行の要素も含まれていましたが、音楽が醸し出している雰囲気は唯一無二のものでした。もっとこのタイプの楽曲を制作して欲しいと願ってしまいます。

 

 

第5位.ORIGINAL LOVE「朝日のあたる道」

朝日のあたる道 ORIGINAL LOVE (PV)

ORIGINAL LOVE「朝日のあたる道」がおすすめの理由

信じられないくらいに斬新でありながらも、まぎれもなくオリジナルラブの音楽性であるという、異空間的な性質を備えている楽曲です。本人たち野コメントでは、自然に奏でられるメロディとのことでしたが、楽譜を見ると明らかに日本の音楽シーンでは稀有なコード進行と編曲スタイルでした。ベースラインが独特のうねりを見せていて、聞けば聞くほど新発見のあるサウンドです。別れを歌うヒット曲とは違って、希望と光を感じさせてくれる歌詞も最高に素晴らしいです。90年代は終わってしまいましたが、むしろ2020年の東京オリンピック開催のタイミングに向けて、ますます東京の空気にピッタリな音楽に聴こえてきます。

 

 

第4位.ORIGINAL LOVE「Sunshine Romance」

ORIGINAL LOVE SUNSHINE ROMANCE

ORIGINAL LOVE「Sunshine Romance」がおすすめの理由

夏に似合う音楽です。疾走感と華麗な音楽性が見事なハーモニーとなって、色あせることがありません。高温多湿な日本の気候にも合いますが、熱帯夜の続くようになった異常気象の都会で、なおのこと輝いて聴こえてきます。90年代には海辺で聴く音楽の代表曲でしたが、2020年に向けて東京都心部のお台場や品川でも似合う楽曲になりつつあるのが嬉しい限りです。先見性と普遍性を兼ね備えているサウンドです。もしもオリジナルラブがこの曲のような楽曲を再び世に送り出すとしたら、音楽の女神が微笑むのではないでしょうか。明らかに日本の音楽シーンをリードできる素質を備えている、まばゆいばかりの歌と演奏です。

 

 

第3位.ORIGINAL LOVE「接吻」

接吻 ORIGINAL LOVE (PV)

ORIGINAL LOVE「接吻」がおすすめの理由

日本を代表するスタンダードな一曲です。どのようなメンバー構成の演奏でも、弾き語りでも、あるいは男性が歌っても女性が歌っても、この曲の素晴らしさは損なわれません。ましてや、作詞作曲した本人が歌う時の本物感と高級感は筆舌にしがたいクオリティです。ジャズの雰囲気も備えていますから、色あせずに時代を超えていく名曲だと確信しています。世界に向けて誇れる名曲と言っても良いでしょう。なによりも、しっとりと聴かせるのに、ドクドクと血管が膨張していくかのような興奮を覚えてしまうような、官能性の高い楽曲です。忘れたころに思い出して、何度も聴いてしまっている歌です。

 

 

第2位.ORIGINAL LOVE「ヴィーナス」

オリジナルラブ ビーナス

ORIGINAL LOVE「ヴィーナス」がおすすめの理由

熱い陽射しと蒼い宇宙と海を感じさせてくれる爽やかな音楽です。オリジナルラブの音楽を、しっかりと認識できた作品なので今でも印象深いのですが、年齢を重ねれば重ねるほどに失われてしまった時代の雰囲気に思えてくることがあって、どうしようもなくノスタルジックです。感動的な演奏と歌なのに、涙が出ることもなくクールでいられます。泣かせられるような演奏も見事なのに、冷たいくらいに淡白でいられる不思議な音楽性を備えていて、今こうして振り返ってみるとオリジナル性の高いバンドだったのだなと再評価できます。テレビではCMソングとして流れていて、トレンディな雰囲気に感じられたのですが、いまなお色あせることのないスタンダード性を備えています。神曲であり、奇跡の一曲です。

 

 

第1位.ORIGINAL LOVE「月の裏で会いましょう」

ORIGINAL LOVE 月の裏で会いましょう

ORIGINAL LOVE「月の裏で会いましょう」がおすすめの理由

タイトルも歌詞の内容も、メロディーも、神がかり的です。宇宙から降り注いでくるエネルギーが全身を貫いていくような感覚になれる音楽であり、まるで歌謡曲のようにも楽しめる作品に仕上がっています。中毒性のあるメロディーラインと、高度なテクニックに裏打ちされているバンド演奏が絶妙なんです。スタンダードな音楽や大ヒット曲の多いオリジナルラブですが、「月の裏で会いましょう」を超える作品は、そうそうないのではないかと感じています。オリジナルラブのベスト盤を作成するとしたら、間違いなく収録されるべき作品であり、オリジナルラブの個性と才能が融合していて、おしゃれでありつつSF的な音楽です。もはや宇宙そのものを見ている感覚になります。